サッカーをする少年

オスグッド

はじめに

オスグッドは必ず改善します。
このページをご覧になられている方は長い間、オスグッドで悩んでいらっしゃると思います。
オスグッドが一般的治療でなぜ治らないのかをお話いたします。
なぜ治らないかというと「見ている場所が違うから」です。整形外科学のガイドラインでは一般的に痛みの場所をみます。
ですが痛みの場所には原因がないんですね。
痛い場所は結果であり原因ではありません。
原因ではない場所の痛みだけを取ろうとすると解決しないんですね。
原因は痛みの場所ではなく身体の使い方と筋肉の緊張です。
当院では「ゆらし療法」という手法を用いています。
「ゆらし療法」とは神経と筋肉に注目して揺らす程度の優しい刺激で神経の興奮や筋肉の不具合を取り除いていく療法です。
痛みをとるだけではなく身体の癖を取り除き体本来の動きを取り戻していきます。
動きを改善できる施術家にとってはオスグッドもシンスプリントもランナー膝も足底筋膜炎も同じ原因なのです。
ご自身にも同伴された方々にもわかっていただけるように説明させていただきます。
ぜひ一緒にご来院ください。そして一緒に解決しましょう。

オスグッドとは

オスグッド・シュラッター病は膝関節の前面やすね(脛骨)の上部が痛み、歩行やしゃがむ動作ができなくなる病気です。
オスグッドシュラッター病の判断としての膝下やすねの上部(脛骨結節)の圧迫痛、盛り上がり、熱感。運動時の痛み、運動後の疼き。しゃがむ動作による膝周辺の痛み。
多くは成長期の子どもやスポーツ選手に起こります。
まれにどこが痛いか、どんな風に痛いかを説明できないお子さんがいらっしゃいますので走り方がおかしくなったり足を引きずるようになったらよく話を聞いてあげてください。

オスグッドの原因

オスグッドシュラッター病の原因は太ももの前面にある大腿四頭筋の過剰な使い過ぎ(オーバーワーク)が原因といわれています。
身体の固い子どもや走り方のぎこちない子供に多くみられます。
初期症状を無視すると確実に悪化する症状です。
悪化すると膝下の骨(脛骨結節)が隆起して長期的に運動ができなくなります。
最悪の場合、剥離骨折になってから気づく場合もあります。
以下のような要因で症状が出現、または悪化するといわれています。
1,成長期のスポーツ
2,ジャンプやダッシュなどを繰り返す。
3,成長と運動量の不一致
4,初期症状を無視したスポーツへの参加
5,バネでなく筋力のみで動作する癖 

【親御様、指導者の方へのおねがい】
オスグッドを代表とする成長痛、シンスプリントやランナー膝は放置していてもタイムやパフォーマンスは上がらないどころか長期的な離脱など選手生命を脅かす可能性が非常に高いです。
競技中に走り方がおかしくなる、足を引きずる、長く動けなくなったなどの違和感が見られたら優しく聞き取りをして適切な医療機関を受診させてください。
当院では最悪の結果になった例を何度もみています。
どうか競技を続けることも大事ですが子どもを守ることを優先してあげてください。
判断に迷った場合は当院の施術を受ける、受けないにかかわらずお気軽に電話(072-623-8991)までご相談ください。
短時間であれば無料でご相談に応じます。
オスグッドについて相談があるのですがと受付にお尋ねください。

オスグッドの一般的な治療や施術

レントゲンでの診断、運動の中止、ストレッチや筋トレの指導。マッサージや電気を当てるが中心になります。
投薬や痛み止めの入ったシップなども使用されます。
ただし動き方の修正を行わない場合、練習を休んでも同じ使い方をするわけですから再発を繰り返してしまいます。

オスグッドにおける当院の施術

DSC_8968.jpg

オスグッドシュラッター病の施術は積極的な痛みの除去や運動への早期復帰ができるように施術を進めていきます。
当院の目標としては3回目で普通の歩行を獲得、5回目でスポーツの軽度の復帰を目指しています。
施術方法につきましては日本の整形外科やヨーロッパの医療機関でも導入が進んでいる「ゆらし療法」を用いています。
「ゆらし療法」とは神経生理学を応用した痛みや動きに即効性のある手法です。
効果のほどはYouTubeなどの動画でご確認ください。
決して大げさな動画ではなくその場で効果を体感できます。
痛みの場所だけでなく「どうしてオスグッドになったのか」を考えながら痛みの原因を探していきます。
患部だけでなく上半身から足首までさまざまな関節と筋肉を調整していきます。
特に股関節と膝の連動性を修正していきます。大腿四頭筋の緊張、脛骨結節(痛い場所)を柔らかくして痛みの除去を目指していきます。
施術は痛みのない安心安全な弱くやわらかな刺激です。
心地よくなるような弱い刺激ですのでそのままお眠りになっていただいて構いません。
再発させないために痛みを取るだけでなく「なぜそうなったのか」、「これからどうしたらパフォーマンスが上がるか」を一緒に考えていきます。
自宅で出来る自己療法なども説明させていただきます。
下記ページは当院で導入している施術「ゆらし療法」の詳細です。
オスグッドとは?肉離れを知る・早く治す|整形外科クリニック監修|ゆらしnet(外部サイト)
ドイツを中心にヨーロッパで広がりを見せ近年では日本の整形外科にも導入が始まっています。

※当院において
、オスグッドの施術は短期間での解決を目指す自費施術となり、保険施術は行っておりません。
保険適応範囲について

オスグッド 事例動画

オスグッドは回復します。一緒に考え解決しましょう。

オスグッド 施術ブログ