公園の日

変形性膝関節症

はじめに

変形性膝関節症には注射と手術以外にも可能性があります。
あなたの痛みにしっかりと向き合います。

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症とは、膝の痛みの中でも膝の中の軟部組織(軟骨や半月板)の劣化による痛みを指します。
よく表れる痛みの場所は、膝の内側と外側、膝蓋骨の周り、膝の裏(膝窩)などです。
鋭い痛みとうずくような痛みがあります。
歩いた時の痛みやねじった時の痛みがあり、しゃがむ動作、階段の上り下り、正座ができない、就寝時の痛みなどを訴えます。
膝の形は、O脚まれにX脚に変形していきます。

変形性膝関節症の原因

原因として加齢性のものとスポーツ性のものがあります。加齢性のものは姿勢や筋力低下などで軟骨の厚さが徐々に薄くなり炎症性の痛みが出現します。
40代後半ごろから発生するケースが多く50代からはかなり高頻度で発生します。
歩かない方だけでなく歩き方や動き方に癖のある方にも発生します。
スポーツ性は過度の練習、成長と運動量の不一致、間違ったフォーム、栄養や休息が不足した場合に起こりやすいです。
特に水分不足や睡眠不足はアスリートの回復を阻害しますので水分と睡眠はしっかりとりましょう。
変形性膝関節症は痛みをかばい長期間にわてって症状が進行した状態を言います。
初期の痛みを無視せずに適切な医療機関を受診してください。
判断に悩む場合は短時間であれば無料で相談に応じます。
お電話(072-623-8991)までご相談ください。

変形性膝関節症の一般的な治療や施術

整形外科のガイドラインでは、保存療法と手術療法に分かれます。
保存療法は筋トレやストレッチなどのリハビリテーション、炎症を抑えるためのヒアルロン酸の注入や関節液の排出のための注射、サポータや足底板などの装具の装着です。
近年は内視鏡手術療法の普及に伴い手術を勧められるケースが増えています。
ですが姿勢や歩き方、膝関節の位置異常の改善がなされていない場合は痛みが取れないばかりか、症状が進行していきますのでご自身の受けられている治療が自分に合っているかは患者様自身で判断する必要があります。

変形性膝関節症における当院の施術

DSC_8968.jpg

当院の変形性膝関節症の施術は、「早く痛みを取ること」と「よりよい歩き方を一緒に考えること」で日常の生活を取り戻していただきたいと思っています。
一般的な整形外科のガイドラインでは、膝の状態に注目して痛みを取るための注射やリハビリテーションを行います。
当院に来院されるほとんどの患者様はそのような治療で痛みが取れなかった方々です。
悩んで悩んで遠くから来院されます。
当院では、膝の状態だけでなく身体全体の関節の位置異常から膝の痛みの原因を探していきます。
例えば、肩の位置や足首の角度は膝の動きに大きな影響があります。
そのような今までにない視点から膝の痛みを改善していきます。
具体的には 
1,きちんとした足裏の接地を作る→体重が支えられる。
2,膝関節だけではなく脚システム全体が滑らかに動く位置に調整する→膝関節に負担がかからない。
3,膝関節の炎症を抑える。→適度なアイシング。
以上の3点を中心に施術を進めていきます。
実際の施術は首や肩甲骨から足首までも多くの関節の緊張と位置異常を改善して痛みを除去します。
赤ちゃんでもご高齢の方でも受けられるような弱くて心地よい施術です。
思わず眠ってしまうような刺激です。
必要な場合は鍼施術も行いますが必ず患者様の許可を取らせていただいてから行います。
特に鍼施術は膝の痛み除去に即効性がありますのでお勧めします。
打ったことすら気づかせないやさしい鍼です。
小学生の顔にも打っていますが痛くないので嫌がる子はいません。
苦手な方はお気軽にお申し出ください。
全体的に「こんなことで本当に良くなるの?」というやわらかい施術です。
効果のほどは動画でご確認ください。

※当院において
、変形性膝関節症の施術は短期間での解決を目指す自費施術となり、保険施術は行っておりません。保険適応範囲について

変形性膝関節症 事例動画

変形性膝関節症 施術ブログ