top of page

つわりを軽くする 自分で出来る改善方法


○この記事は今、つわり(悪阻)で苦しんでいる方の状態を少しでも早く改善するように向けて書いています。

○つわりの症状を軽減するためにご自分でできる対策を説明します。



左側を下にして寝る

胃腸の気持ち悪さの場合、左側を下にして寝ると症状が軽減される場合があります。

消化器系の胃や膵臓への負担が減り胸焼けの原因になる胃酸の逆流を防ぐことができます。


何かにもたれて座る

頭まで支えられる姿勢で何かにもたれて座ると症状が落ち着く場合があります。ロッキングチェアのような姿勢です。お腹が圧迫される姿勢はつわりの症状を悪化させます。地べたに座る、前屈み、椅子に座る事務仕事を続けると悪化する場合があります。


小まめな食事

食べられる時に食べられるものを食べる

一度に大量の食事を摂るのではなく、少量ずつ頻繁に食べることが推奨されます。空腹になると吐き気が増すことがあるため、空腹を避けるよう心がけましょう。


食べられるものを常に準備する

朝起きたときやふとした休憩時にすぐに食べられるように準備しておきましょう。

気持ち悪さの状態により食べたいものが変化します。果物やゼリーなどの甘いもの、のどごしのいいもの、酸っぱいものを食べると、空腹による吐き気を抑えるのに役立ちます。


生姜

生姜はつわりの気持ち悪さを和らげる効果があるとされています。生姜茶や生姜キャンディ、生姜を使った料理を試してみると良いでしょう。


氷を舐める

水分補給が困難な場合、氷を口に含むと少しずつ水分を摂取でき、吐き気を和らげることができます。


つわりは我慢しなくていい

つわりは我慢するもの、みんな通る道、そのうち無くなるなど他人事のように言う医療関係者や身内がいますが本当に迷惑な話です。

しんどい時はしんどいと言っていいんです。まわりにもつわりを経験した方や見てきた方がいらっしゃるはずです。その方たちに理解やサポートをお願いしましょう。


つわりは妊娠の一部であり、多くの女性が経験するものです。辛い時期かもしれませんが、適切なケアと対策を講じることで症状を和らげることができます。つわりを乗り越えるためには、周囲のサポートも欠かせません。家族や友人、パートナーとコミュニケーションを取り、自分の状態を理解してもらいましょう。また、同じ経験を持つ他の妊婦との情報交換も励みになります。



つわりへの新しいアプローチ:手を使った優しい施術

当院ではつわりに対する優しい施術を行っています。安心安静なやり方で早期改善を目指しています。この施術法は20年ほど行っています。身体の歪みを整えお腹の緊張を取ることでつわりの症状を改善します。痛みもなく、安心して受けられる安全な治療法です。

つわりに苦しむ妊婦さんが少しでも楽になり安心で快適な妊娠期間を過ごせるよう、心から応援しています。


たくみ整骨院への問い合わせはこちらから


【当院の施術内容について】

たくみ整骨院の自費施術は完全予約制です

つわりの施術は保険適用外ですので全て自費全身施術となります。

当院の自費全身施術では痛みと不快感の除去に特化した施術を行なっております。そしてなるべく早く痛みを取りたいと思っています。

基本的には機械などは使わず手による痛くない施術が中心になります。眠ってしまいそうな強さで施術をしますので痛みでお疲れの方はどうぞそのままお眠りください。

終始、柔らかい施術を目指しておりますので強いマッサージなどを求めていらっしゃる方はご期待には沿えないと思います。


【施術回数について】

つわりにつきましては1〜2回目くらいで不快感についての変化を実感していただけます。5〜8回程度の施術でほとんどの方は卒業となります。激しく動く方、お仕事や育児などに大きな問題が残らないようにするにはもう少しかかります。

初診60分 8000円

90分  15000円

60分  11000円

40分  8000円←つわりの施術はこちらになります

お電話の際、「つわりの施術で」とお伝えください。ご不明な点がございましたらお気軽にお電話くだされば説明させていただきます。

時間外や休日も可能な限り対応させていただきます。

たくみ整骨院

大阪府茨木市天王2-7-17サンエイビル

0726238991

阪急 モノレール南茨木駅徒歩4分 無料駐車場3台



閲覧数:3回0件のコメント

Comentarios


bottom of page